精神保健福祉士の成り立ち


精神保健福祉士が誕生する背景には、精神障害者の長期にわたる入院が問題視されるようになってきたことが影響しています。日本は欧米諸国に比べて、精神障害者の入院日数が長く、また退院後の社会復帰に向けての支援も遅れていたのです。そのため、精神障害者の人権を尊重し、この課題を解決するために、精神保健面における専門家が求められてきたのです。

このような流れもあって、1997年に精神保健福祉法が成立、精神障害者の社会復帰にあたって相談業務を行い専門職として精神保健福祉士の国家資格が生まれたのです。さらに社会の仕組みが複雑となり、情報が溢れる現代においては、人と人との触れ合いが薄くなり、交流の場も少なくなっているといえるでしょう。

このような社会で、内面の悩みを誰にも相談することが出来ずに、ストレスを多く抱えている人も少なくありません。心の病によってうつ病になってしまう人や、精神的な問題を抱えたまま、社会生活を一時的に中断して、入院や療養が必要になる人も増えてきました。

このようなケースでは、経済面や生活面なども、あらゆる問題を抱えているのです。また回復後に、スムーズに元の職場に復帰できないこともあるでしょう。精神保健福祉士は、医療行為は行えませんが、精神科の医師と連携を取りながら、そのような人の相談に乗って、サポートしていく役割があります。精神保健福祉士は、これからの社会にますます必要な職種だといえます。