「歯科助手」の患者さんへの接遇


歯科助手の資格取得を目指したとき、歯科用語などは学習していけばよいわけですが、“患者さんへの接遇”を体得していくことも必要です。かかりつけの歯科と、母の実家ちかくの歯科。

患者として診察台に乗せられて、初めて「歯科助手」の接遇の重要性に気がつきました。私はまだ、2つの歯科しか経験していませんが、それぞれから受けた印象はあまりに対照的でした。かかりつけの歯科で、抜歯のとき、「歯科助手」の女性の親切な声かけがなかったら、私はリラックスできず、恐怖に震えおののきながら、抜歯に耐えていたかもしれません。

一方、母の実家ちかくの歯科で経験した、「歯科助手」らしき人による、高飛車で感じの悪い接遇。歯科だけでなく、医院や病院もみんなあんな感じだったら、医療は、何とも殺伐としたものになるでしょう。

患者さんは、どのように感じているのかな?実は、私のかかりつけ歯科は、急な歯痛に、情報も調べず、自宅から最も近いというだけで
駆け込んだもの。ネットの口コミすらチェックする間もありませんでした。そこで、ネットで初めて、かかりつけ歯科をはじめ、近所の歯科の口コミを、チェックしてみました。

驚いたことに、目からうろこが…という感じでした。口コミって、必ずしも、医師の能力や技量だけに注目したばかりではないんですね。院内は清潔感があるか?医師だけでなく、スタッフの対応はどうか?治療方針など、わかりやすく納得のいく説明がされているか?などなど、ざまざまな項目にわたって、口コミが寄せられているのです。かかりつけ歯科は、すべての項目で高評価でした。

「医師の腕がたしか」「スタッフの親切な応対が印象に残る、おすすめの歯科」ともありました。評価が低い歯科も見受けられましたから、私はラッキーだったとしか言いようがありません。私の理想とする「歯科助手」は、有能で、明るくて感じがよくて、患者さんに対して思いやりをみせてあげられる…そう、かかりつけ歯科の彼女のような人を目指して頑張ろうと思います。

だんだん、ファイトがわいてきました。